未来の嫁姑問題回避計画6

では5の続きですー。(1から読んでやってもいいって方はこちら

口内に広がる母の愛液のまろやかな苦味と鼻を突く雌の香りが更に私を掻き立てた。デカクリを舌で転がすと勃起を咥えたまま…ん゛っん゛…と詰まった声を出し尻を微かに揺らして足の付け根辺りをたまにヒクつかせている。舐め続けると次第に母フェラの勢いは衰え、チ○コには手を添えるだけになったw

私の中の母子相姦興奮度ランキング、常に2位に君臨するママ○コクンニですが、何度ヤッても飽きませんでしたよね。ある意味、真の実家の扉とでも言うべき、母の膣口とのディープキスは毎度気が狂いそうでしたよ。
あ、ちなみに興奮度ランキング1位は上の口とのディープキス。あれは脳汁ざぶーんですw

舐めてる最中に“ここから産まれてきたんだ”と思い至って狂ったことはなかったですけどね。母にそんな風に言われたこともなかったですし。近親(母子)相姦の存在をはっきりと知る前に、母の身体に勝手に欲情して手を出した口なので、定番みたいな事柄に残念な反応してがっかりされることが結構ありますw

アダルトブログランキングへ

尻穴に指を軽く当てながらクリをいたぶり回してるとすぐだだ漏れにw「…母さんのここ、またなんか出してきてるけど…?」膣口をペロペロして濡れてることを意識させる。「…舐められたら…そう、んっ、なるでしょ…っ…」と身を捩る母。「…クリもガチガチじゃん…「あン…っんアっ吸うのはだめ…」

「口でしてくれないならこっちでしてほしい…」フェラの止まった母を攻めるついでに私は、クリから穴の方に舌を這わせ、そこをペロペロと舐める。「…ん、でも、時間が…」即拒否らないってことは挿れたくなってるはずw「そんなこと言ってる間に挿れたほうが早く終わるって」「ゴム、そのズボンのポケットに入ってるから母さんつけて…?」

母を仰向けに寝かせ正常位で差し込む。「っんもう…結局こうなる…」生で挿れたかったけどこの状況では言うだけ無駄。覆い被さって母が顔を隠してた腕をどけ、見つめながら「…母さん、チューしていい?…」とあえて聞くと、母の手が私の首の辺りに回されて引き寄せられ、唇より早く舌が迎えにきたw

一頻りディープを堪能し唇を離そうとすると母に引き戻され、再度舌を絡ませる流れを何度も繰り返す。母の興奮がやっと私に追いついたのがわかる腰を浅く動かすとそれに合わせて母も小さく喘ぐ。近所を気にして喘ぎ声は抑えてるけどヌチャヌチャ音がめっちゃデカいw「…なんでこんな濡れてんの…?」

7へ続くー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
一人暮らし期妻のこと母とのこと母子相姦の思い出達
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました