未来の嫁姑問題回避計画18

17の続きですー。(1から読んでやってもいいって方はこちら

「駄目!我慢しなさい!」母は当然怒ってるけど、私はそのまま強引に胸を弄り続け、浴衣の隙間から股に手を滑らせる。「本当に今日は駄目!!」とパンツに差し入れようとしてた手を止められ、「…健!言うこと聞いて!」母の一括に少し躊躇した私を見逃さない母は、瞬時に私の手を退けて距離を取った。

「…でもこんなんじゃ温泉入れないし」と勃起を取り出すと「しまって!」とまた怒る母。「だって母さんの浴衣のせいだからどうにかしてよ」と無茶苦茶な理由で迫る私w「だってって何?しまいなさい!」とトランクスを履かせようとしてくるので「出すだけでもいいから…」と最初から狙っていた方を提案w

トランクスになんか時代を感じますね。今はボクサー派です(どうでもいいw)Hは状況的に危険すぎること、母が許してくれないことは私も重々承知していたので、まあ…あわよくばって気持ちがなかったと言ったら嘘になりますけど、絶対抜いてもらうぞ!と決意して旅館の廊下を足早に引き返したのを覚えてます。
それにしても、結婚を見据えて母子相姦やめようとしてるやつの動きには微塵も見えないですね、相変わらずwまあ興奮すると射精するまで“ママー”ってなってたので、母にも全然やめたそうには映ってなかったかもしれません…。
それに私は藤木以上の卑怯者なのでw結婚までには絶対やめる!やめるけども…それまで出来るだけヤりたいっ!と少しでも長く多く母を抱けるよう、そういう気持ちをはっきりとは口に出してはいなかったんですけどもね。

アダルトブログランキングへ

この旅行が一応大学時代の締めくくりエロって感じですかねぇ。
私の大学生時代前半は、母とカップルのようにいちゃついてるだけでしたが、後半は彼女の登場により、母も母子相姦の沼に頭まで沈んだ感はありましたね。明らかに関係に執着が見えるようになりましたから。心情的にはずっと複雑だったと思いますけど、そこも含めて全てが快楽に置き換わるので、母子相姦って怖いですよねw

私が完全に沼ったのはいつだろう…と考えると、やっぱり母と一線を越えた後でしょうかね。それまでももちろん興奮はしてましたけど、母子相姦の特別感みたいなものを身をもって実感したと言いますか。実母とSEXしてしまったことによって、母マ○コの沼にチ○コ諸共引きずり込まれましたw
当時、母以外の女性経験は初カノ1人だったのですが、母の方が気持ちいいとかそんな単純な話ではなく、昂り方がまるで違うというかなんというか、とにかく味わったことのない感覚に驚いたと同時に即狂いでしたw

…なんか話がそれましたがw19へ続くー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
一人暮らし期妻のこと母とのこと母子相姦の思い出達
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました