私が早漏なのは母のせいだと思います(人のせいにするな)

遅漏の友人に、早漏は改善方法がたくさんあるから羨ましいって言われたことありますけど、改善すればまあねぇ…。

挿入から射精までの平均って5〜10分ぐらいでしたっけ?
私は初発、どんなに頑張って耐えに耐えても3分でシュワッチのウルトラ勢なので、女性の理想挿入時間(15分らしい…)を満足させるには5回戦必要です。
だからといって、例え5回戦したとしてもそういうことじゃないって言われるでしょうし。若い頃ならいざしらず、もう今はそんなことは絶対出来ないですからねw

アダルトブログランキングへ

早漏には遺伝的なこともあると聞いたこともありますけど、どうなんでしょうね。
父は前戯ほぼなしの挿入で私よりももっと早かったって言ってましたけど、母は気遣いの人だったので私が傷つかないようにそう言ってくれたのかもしれないですし、真実はわからないです。

拒まれていた頃は、途中で母がイッたり、突然嫌がられだしたりして、イケずじまいなんてこともありましたから(無理やりでしたからね…)とにかく母に触っている時にイくべし!とスピード射精を心がけていて我慢など全くしてなかったので、それもダメだったのかなぁと思っています。早漏改善にはとにかく寸止め繰り返せとも言いますし。

母が手や口で抜いてくれるようになってからは、ちゃんとイカせてもらえることが増えましたけど、もうその頃には立派な早漏に成長していたで候。

母はずっと“性に興味ありません”みたいな顔してましたけど(実際私が手を出さなければ興味はなかったと思いますが)意外と貪欲だったので、早すぎて満足出来ていなくて母がまだ興奮状態の時は、とにかくチ◯コを離さないというアピール術で私を誘導しようとしてました。私は母となら何回でもヤリたいので問題はないんですが、1回で満足させてあげられなくてすみませんでしたw

トータルで20年ぐらいは母とヤッてましたけど、残念ながら飽きることがなかったんですよね。母子相姦をやめられなかった原因は“母がいつまでもエロかった”これに尽きますね。マンネリ化したり、老けていく母の身体に萎えたりしたらやめられたんでしょうけど(それも失礼な話ですが…)熟女好きなので老いに関してはなんの問題もなく、母の性欲もどんどん高まっていったので加速する一方でした(プレイ内容は大したことないですけど)
“母子でエッチなことしてる”っていう一番の興奮要素は一生変わらないですからね。根底にそれがあって、その揺るぎない興奮で早漏にも拍車がかかるわけです。ここに心因性の可能性も潜んでいそうです。

そんなわけで私の早漏すらも母のせいということで締めくくっておきますw
あ、おきますで候。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
母とのこと母子相姦の思い出達独り言的な
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました