母子相姦動画しか観てないから近親相姦がニッチって言われても違和感半端ない

他の近親相姦については好きではないのですか?とご質問をいただいたので少しそのことについて考えてます。

以前も近親相姦狂いじゃなくてよかったみたいなことを(この辺)書きましたが、現実では母にしか興味が沸かなかったのでほっとしました。(娘を性的な目で見てしまうことを危惧していたので)単純にオカズとして考えた場合、近親相姦はとても好きなジャンルではあります(なんの発表これw)

近親相姦系のAVなら結構な数観たことあるとは思いますが(以前、近親相姦系の動画紹介サイトを運営してましたので)やはり母子が圧倒的に好きなのは言うまでもないですね(オカズは自分の思い出も含めたら98%ぐらいが母子相姦ですw)母子以外ですと、姉弟、叔母甥、義母婿、兄嫁義弟、祖母孫等が好きですかねぇ。逆にローリーの可能性が高い、父娘、叔父姪、兄妹等はほぼ見ないです。ローリー巨乳とかツルペタとかでは私のチ○コは仏へと生まれ変わり静寂を保ったままになりますのでwそれなら、近親の枠からははみ出しますが、娘の彼氏×母とか、息子の同級生×母とか、お母さんが誰かしらとまぐわっているモノがいいですね(結局お母さんw)

あーでももしかしたら父娘、兄妹であっても彼女らが熟女であった場合は通常の熟女モノよりも興奮するのかもしれません。そう考えると、近親相姦ジャンル自体は好きなんでしょうね。自分の中にある、あの、なんとも形容詞がたい空気感と言うか、家族とヤる感じを思い出すんでしょう。こんなだから未だに熟女になった娘に欲情しないかは心配しています。

アダルトブログランキングへ

AVよりもリアルな動画の方がそりゃ興奮はしますが、どれが本物かなんて実際よくわからないですよね?例え、目の前で行為を見たとしてもわからないんじゃないかとすら思います。顔が似てても他人の空似かもしれないですし、身分証の偽造はニンベン師に頼めばいくらでも出来ますし(龍が如くやりすぎw)なのでまあ、私が興奮すればOKですw

文章系はただ淡々と事実を語るのも興奮しますが、私、面白エッセイが好きなので、ユーモアのある人のほうが好みではありますね。
あまりにお母さんの台詞で女言葉(~だわ、~わよ等)が多様されてるタイプは苦手かもしれません。フィクションなら気にならないけど、実話系はできるだけ本人が話した言葉に近い台詞にしていただいた方がよりリアリティを感じられるので(アニメや漫画、ゲームなんかになっていれば大丈夫です)
そういう方向で言うと、本人の年齢と使用する日本語がずれていたりするのも、とくにおじさんが若者のフリしてるタイプは(極端な例だけど、現在20代の設定なのにカップルのことアベックって言ってしまってたりねwソバージュ可愛いとかw)一気に萎えるので、本当にありのままを文章にしてほしいです。

そうそう。たまに「健太郎さんがフォローしている人が本物ですか?」って聞かれるのですが、前も書きましたが私にも真偽はわかりませんよw多少は経験則で判断できるところはあるのかもしれませんが、それが必ずしも正解とは限らないでしょうしね。たまたま目に止まって好みだったってだけです。

ヤバい(いい意味で)母子動画系の人とかは永遠に見てしまうのであえてフォロー外してたりもしますし、かと思えばストーカーのように覗きまくってしまう場合もありますし、そこら辺の私のチ○コ心を一言で説明するのは難しいですw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
母とのこと母子相姦の思い出達独り言的な
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました