母子相姦親子が母子相姦AVを鑑賞する18

17の続きです。(1から読んでやってもいいって方はこちら

倒れ込んできた母は私に全体重をかけないよう、肘で支えて少し身体を浮かせていたが、抱き寄せておっぱいを押し付けさせる。勃起に伝わる膣圧と胸板で押し潰れたおっぱいの感触…もう私にはAVのことを考える余裕はなかった。母の後頭部に手を添えて促すと唇が降りてきたので狂ったようにキスを繰り返す。

アダルトブログランキングへ

母は自分を騎乗位上手だと思っていた気はしますがwそんなに好きな体位ではなさそうではありました。バックよりはちょっとマシなぐらい?(母はバック嫌いだった)なので、母子モノでよくあるような、母親自ら息子の勃起に跨ってきて好き放題腰を振るみたいなのは、残念なことに一度もなかったです。

『母子は身体の相性が最高』なんて言われますが、私の場合は肉体の快楽のみに絞ると“普通に気持ちいい”ぐらいだったので、相性はとくに悪くはないですけど、“まるで私のチ○コの型取りでもしたかのような母のマ○コは、挿入しただけで天にも登るような快感をもたらす”とか、そういう感じではなかったです。

母は言わないとやらないコで(と同時にやればできるコでもありましたがw)私の数少ない女性経験の中では積極性も今ひとつでしたが、それでも性の目覚めから今でもずっと、一番私のチ○コが悦ぶのは母なので、忘れられないマ○コであることは間違いないんですが…私の人生これでいいのか?ってたまに思いますw

母の腰の辺りを抱きしめ、密着したまま少し腰を動かすと、体制のせいか、膣の締りが増した気がしてこれまたヤバくてwゆっくり遠慮気味に突き上げていると、もっと突けと言わんばかりに母からのキスの激しさが増すw「もっと突いてほしい?」尻を撫でながら聞くと、無言でまた舌をねじ込んでくる母。

母の圧に負けて、尻付近を掴んだまま下から突き上げると、待ってましたとばかりに私に身を任せ、じっと感じ始める母。さすが元冷凍マグロw
「母さんのマ〇コ、ぬるぬるで気持ちいい…」肌がぶつかる音とイヤラシイ液の水音に、母の大きくなった喘ぎ声が混ざる。隣に色々聞こえてそうだけどもう知らん。

…この時は酔っ払ってる上に興奮しまくってたので、全部母子AVだと思うだろうと“もう知らん”とか思ってますが、アパートの壁が激薄だったので普段はかなり気にしてました。母子特有の言葉責めは母の興奮剤でも有りましたし私も言いたかったので、出来るだけ小声で発して、母の喘ぎ声が大きくなってきたら注意したりキスで塞いだりしてましたね。

どうでもいいけど、あのアパート当時築何年だったか忘れたけど、今Googleマップで見たら流石にもう残ってなかった。そりゃそうか、あの時点で古アパートでしたもんね。
アパート名は“〇〇荘”だったんですが、〇〇に入る漢字二文字の読みが完全に下ネタで、ピザ頼む時恥とかずかしかったんですよね…って本当どうでもいいw母にわざと「〇〇荘って言って?」って何回も言わせてたのを思い出しましたw

では、19へ続くー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
一人暮らし期母とのこと母子相姦の思い出達
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました