学校行事と母と息子の主に性的な思い出

娘の通っている学校では受験生は三度の三者面談が行われるらしくもうすぐ二度目なのですが、今回は私が行くことになりそうです。娘は若干嫌がってますけどね。まあそれでも反抗期よりはだいぶ優しく接してくれるようになりましたので、父さんはとても喜んでいますw

それで思い出した私と母の話を。

私の学校の用事はすべて、当然のように母が来てくれていました。父はぬぼーっと生きてる私と違って仕事に女にw忙しい人でしたので。

中学生の頃は、参観日等で母が学校に来ることをあまり好ましく思っておらず、思春期感を全面に押し出すスタイルで拒んでましたが(それでも来てたけど)手を出してからはむしろ、母が学校に来る日は朝からなんだかソワソワして、ずっと興奮気味でした。
授業中も「母さん、今日学校来るのか…」みたいなことを少しでも考えるとすぐ勃起してしまうので、休み時間も席を立たず、ひたすら机に突っ伏して寝たふりをして過ごしていました。

高3の三者面談は、隣に母がいるってだけでかなりヤバかったです。挿入後のヤりたい盛り真っ只中でしたからね。
将来のことなんかより、目先の母との性行為に完全に心奪われていた上に、努力も惜しむ体たらくな私は、当時の自分の成績で何もせずとも軽々と合格出来るであろう、実家から通える近所の大学を志望していましたので、先生からもこの調子でいけば大丈夫的なことを言われただけで進路の話はすぐ終わったんですが、母と隣同士で並んで座ってるのを先生に見られたことがなんか妙に興奮しましてね。

当時、家の中では母にべったりでしたけど、外で一緒にいる時はあまり近寄らないようにしていたので、あんなに近づいているところを他人に見られることってあんまりなかったんですよ。

母と先生の会話してるのをぼーっと横で眺めながら、“もしかしたら先生に親子でセックスしてるって気づかれるかも…”とかしょーもないこと考えて、股間を熱くしていました。(…えーっと、娘の三者面談では股間を熱くしたりは絶対にありませんのでw)

帰宅した後は早速、「母さんが隣りにいたから興奮した」「先生には普通の親子に見えたのかなー?」と一人で盛り上がり、欲のまま母の身体を弄りました。
母は「先生の話全然聞いてなかったでしょ?受験生なのに毎日毎日こんなことばっかり!早く勉強しなさい!!」ってかなり本気で怒られたけど、「今日、朝からずっと我慢してたからHしたい。終わったら勉強するから」自分の欲を制御出来ない私は、半ば無理やり押し倒しハメハメ(最低)
母の下着を剥ぎ取ると受け入れ体制は万全だったのでw「母さんも先生に見られて興奮したんじゃないの?」って言いながら、“ヤりたいならヤりたいって言えばいいのに変なの”って思ってましたが、あんな息子、怒る要素しかない。

学校の行事の時なんかに、いつもと違う余所行きの服を着て学校にやってくる母にドキドキもしましたね。普段はラフな格好が多かったので、フォーマルというか清楚な感じの服装も母にとても似合っていて、私は好きでした。
自覚はありませんでしたが、今思うとコスプレに興奮する感覚に近かったのかもしれませんね。私コスプレは興味ないと思っていたので(実際どちらかというと萎える感じなんですけど)母にやってもらったことはないのですが、母さんなら意外と良かったのかもな、、

母が行事で着る予定の服は、前日にいつも洋服ダンスから出されて用意されていたので、その服を見るだけで発情する私は、「これ明日着てくやつ?」って服に顔を擦り付ける気持ち悪さを発揮。「もうやめて!クリーニングしたばっかりなのに!」と怒られるので、今度は母に纏わりついて「あれ着てる母さんとエッチなことしたいから、帰ってきたらそのまましていい?」と懲りずに迫りまくり、実際に行事終わりで父が家にいない場合は、その服のまま押し倒してむしゃぶりついていました。

…あーコスプレ、悔やまれるw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
性の思ひ出挿入後の実家暮らし期母とのこと母子相姦の思い出達
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました