結婚後、再び母を抱いてしまうバカ息子5

最近なんとなく筋トレを始めたんですが、落ち着いていた性欲が復活してきて、へーこんな速攻効果があるんだーって思ってたけど、よく考えたら実家だとどうしても母のことを思い出す機会が多くて、ムラムラの原因は絶対それw

はいでは、4の続きですー。(1から読んでやってもいいって方はこちらから)

「おばあちゃんのことはもういいけどw父さんみたいに遊び回って(妻)ちゃんを悲しませるのは絶対ダメ。…聞いてる?健」反応が薄いのが気に入らないのか、母にまた膝を叩かれた。反射的にその手を掴んでしまう私。母は一瞬ビクッとして、下を向いたまま押し黙る。

「…じゃあさ、母さんがやってよ」

昨日電話で飲み下したつもりだった言葉がなんの引っかかりもなく逆流した。
黙ってる母の手を股間に引き寄せて押し当て「母さんにしてほしいんだって…」とチ○コの気持ちを代弁する。

アダルトブログランキングへ

母は私が手を離してもそこを包み込んだまま、「母さんとこういうことやめるんじゃなかったの?こんなとこ触らせて…」「なんでもう大きくしてるの…」呆れたようにそう言って勃起を撫でてくる。
「こんなにしたまま帰ったら(妻)ちゃんびっくりするからっんん…っ」今は妻と子供のことは思い出したくなくて(最低)唇を押し当てて口を塞ぐと、間髪入れず母の方から舌を差し込んで来る。…母さん拒む気ゼロなんだけどw

絡まる舌の感触と唾液の下品な水音に、徐々に荒くなる親子の呼吸音が混じる。母の手はずっとチ○コを撫でていて、時折思い出したように玉を揉んでくる。

これ、触りたかったとしか思えない躊躇ない動きでしたw母は私が勃起してるのは触らせる前から気づいてたらしいので(私は気づかれてることに気づいてなかったけど)もう触りたくてウズウズしてたのかもしれませんね、想像ですけどw

やめるって決めたはずの母子相姦を自ら始めてしまった反省をする暇もないほどに久々の母は強烈で。逃さないよう肩を抱き、角度を変えながら何度も母とキスを繰り返した。

この時母に「やっぱりやめよう」って言ったら、やめられてたのかもしれないなぁとかたまに考えますが、こんな早々に肩を抱いてるようでは無理ですよねw
なんだろうな、結局母も私もやめなければとはずっと思ってましたが、ヤる理由を常に探して無理やりにでもこじつけてS○Xしてる感じでしたもんねw

自分が浮気されて嫌だったのに今度はする側に回るんかい、母よって感じかもしれませんがw
妻に同じ思いをさせないために母である私が…って感覚が近かかったように思います。なので一応、発端は母性かなって気がしますけど、母は本人が思ってるより相当性欲が強かったので、これも欲のこじつけ誘導なのかもしれませんねw

6へ続くー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
妻のこと母とのこと母子相姦の思い出達結婚後
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント