母がいつから息子に男を感じ始め、母子相姦を受け入れたのか考察前編

欲に狂った坊やだった私が母を押し倒して始まった母子相姦ですが、果たして母はどの辺りから私に男を感じ、受け入れるに至ったのかについて検証していきます。完全自己満足なので内容は重複する可能性がありますが、そこはもう気にせず重複させます。重複させつつ新情報も混ぜるといういつものやつで進めていきますw

初期は母はずっと嫌がってるのに私が無理やり触っているだけでだったので、私を性的に見るようなことは一切なかったと思います。回数を重ねるごとに明らかに母は濡れるようになっていきましたが、単純に物理的な刺激によるところが大きかった気がします。
物理的刺激を与えているのが私っていうのももちろん、全く関係ないわけではなかったとは思いますが、その点が母のエロに直結していたかどうかはこの時点ではよくわかりません。ちなみに乳首は初回に押し倒して触った時から勃起はしてました。まあ人体とはそういうものなんでしょうねw

アダルトブログランキングへ

半年ぐらい?もっと後かな?私が「母さんに嫌われたくないけど、母さんのこと考えたらおかしくなる。どうしても我慢できない」的な、マザコンぼやきを母に漏らした日から少しだけ母の態度が軟化しました。軟化したとはいっても、普段の態度が普通になっただけで(押し倒してからずっと母との親子関係は崩壊してまして、そこが軟化した)ずっと拒否られているのは何も変わりませんでしたので、あの時もまだ男として見たりはしてなかったと思います。
息子はこの卑猥な行動をやめたいとは思っていて後悔はしているようだけど、性欲というものをどうにも自分では上手くコントロール出来ないらしいってことがなんとなーく伝わった感じだったんでしょうね。
当時は(…というか今もですがw)本当に母への性的なブレーキはぶっ壊れていました。同級生や女教師にはそこまで反応しませんでしたし、なんというか、母に対して変な盛りグセみたいなものもついていたのかもしれません。

やはり最初の男意識ポイントは私の勃起に触れたことでしょうね。
いつまで経っても全然チ○コに触ってくれなかったので、母の手を誘導して勃起を握らせた上から私も握って、手コキ補助みたいなことをさせたのですが、母に握られてると思うと数秒で暴発して精液がそこら辺に飛んで、母の手にも私の手にもついて、「親に何させてるの!」って怒られて。母は急いでティッシュを取って自分の手だけ拭いて「撒き散らしたの、ちゃんと拭いときなさいよ」とプンプンしながら浴室へ。私のチ○コは無視w

でもここで私が母に無理やり触らせて暴発したおかげで、母はこの一連の行為を“息子の性処理”として切り替えたのではないかと思います。いや…やめさせるのを諦めたと言ったほうがいいのかもしれない汗

私はずっと早漏ではありましたが、焦って擦りつけて出していた初期とは違い、少し余裕の出てきたこの頃は、母の身体をしばらく堪能した後に押し付ける作業に入るようになっており、母の時間もかなり圧迫していたんだと思われます。よく「洗い物しなきゃいけないのに…」「お風呂入ろうと思ってたのに…」みたいなことをぼやいていたので、いくらやめろと言ってもやめないのだから、来たら拒まずさっさと終わらせてしまおうという方にシフトされた気がします。

まあ母がそうやってシフトしたお陰で母子相姦は軌道に乗ったんですけどねw

では後編へ続くー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
性の思ひ出拒まれ前期母とのこと母子相姦の思い出達独り言的な
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました