拗らせた母性大暴れ13

では12の続きいきますー。(1から読んでやってもいいって方はこちらから)

母の尻を両手で鷲掴み、ぐっと私の腰に引き寄せて尻を前後に揺すってやると、母も私の恥骨付近にクリを押し付け、動く…というか、圧迫し始めた。かなり地味な動きなのに古いソファーは心配なぐらい軋んで変な音がする。結合部も負けじとグチュ、グチュと母と私の液が混ざりあった卑猥な音を響かせる。

気持ちいい?そう母に聞くと「もう、イクかも…」とクリを押し付けながら言う。母は思うように動けず、最後のひと押しが足りないのか「…む、胸、舐めてて…」と私に乳首舐めをせがむ。母からこんな風に身体の部位の名称を述べながらせがまれたことがなかったので、あたふたしておっぱいに顔面で突っ込む私w

ご要望どおり、母のむ、胸を舐めながらw動きに合わせて尻サポートしてると、ぐりぐりぐりとクリを押し付けて「ん、ん、、っイク…んっ」と小さい声でちゃんと報告してから絶頂した。なんだろう、これ。エロすぎる。ぐったりした母が「…もう、健が動いて…」と私にもたれかかって抱きついてきたので、母を支えながら下から突き上げると「…ぁんっ」と大きめの声を上げる。「痛い?」急に深く突くと痛がることがあるので確認。「大丈夫…奥まできただけ…」きました、奥w母は奥大好きおばさんだったので、グリグリと小刻みに動いて刺激すると、“もう健が動いて”と言ったくせに母も腰を動かして参戦w

アダルトブログランキングへ

「…あ、あ、また、んっイクっ…っ」絶頂した母の顔を見上げるとめちゃくちゃエロい顔してて。これ、母さんなんだよな…って普段の様子がふわっと脳裏に浮かんだ途端に射精感がぐわっと湧き上がる。…ヤバい。母の顔に見惚れていると「見なくていいから…」ってキスされてまた抱き合って舌を絡める。

挿入したまま正常位に移行しようとしたら、ソファーでいつもと勝手が違って失敗w「抜けた…」残念そうに母に呟かれ、気を取り直して再挿入。「ん…入って、きた…」そこは息子の生の勃起を拒むことなく再度飲み込む。母がチ○コの状況を逐一報告してくるのが可愛くてたまらず、覆い被さって私からキス。

…この時はキスばっかりしてますね、この親子w彼女(妻)の話はどうした?っていう。そうそう、推敲してないので私が上の服を脱いだ描写がないですが、この時点ではもう全裸親子ですwこうして今読み返しても、私の気を引こうと興奮に任せて積極的に振る舞う母のらしくなさが可愛すぎて勃起です(職場)

では14に続くー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
一人暮らし期母とのこと母子相姦の思い出達
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました