実家に私の友人や彼女を招いた場合も母への発情はノンストップw

息子の同級生とお母さんがイケナイ関係になるAVなんかでは、同級生が息子に「お前のかーちゃん、エロすぎ」とか耳打ちしながら、ジュースを出してくれた母親の胸元を注視し、ゴクリと喉を鳴らしたりするものですが、私の母はそういう対象では一切見られてなかったと思います。
楽しいおばちゃんって感じで友人たちの評判は上々でしたけど、性的な意味では全くでした。
私は母のことを可愛いと思っていましたが、同級生から見たらまあごく普通のおばちゃんでしょうからねー。
例え、友人にジュースを持ってきてくれたとしても、乳を放り出したような破廉恥な格好はしていないですし、わかりやすくエロいわけではなかったので、子供には母の色気は伝わらなかったんだと思いますw

母が家にいるタイミングで友人を呼んで遊ぶ場合、私が母の日常の姿にすぐ欲情してしまうので、それに耐えるのに必死でしたね。

自室で友人とゲームしてる途中で、トイレに行きたくなって部屋を出て、なんとなく覗いた台所で料理中の母のお尻に目を奪われ欲情。基本的には何事もなかったかのように通り過ぎるのですが、どうしても、どうしても我慢できない時があって。そういう時は、5回ぐらい母のおっぱいをモミモミモミモミモミと揉んでwそのままトイレに直行し、母の感触を思い出しながらハイスピードでシコるっていう気持ち悪ことをしてました(早漏便利w)トイレから出て、「今、チ◯コ触った」って小声で母に報告すると「出したの!?〇〇くんいるのに何やってるの!」って怒りながら換気と匂い消しに急いでトイレに向かってました。本当に申し訳なかったです汗
どうにかおさめようと抜いたのに、変に母に報告してしまい、母さんは今、精液の匂いを確認してるんだ…と思うとまた興奮するような、ご存知の通りのキモい子供でした。
もちろん、母との関係がバレることを何よりも恐れていたので、ほとんどの場合は何もせず、平和に友情を深めてましたけどねw

アダルトブログランキングへ

筆おろしの彼女も家に呼んだことはありますが、両親が居ない隙を狙って連れ込んでましたので、母に会わせたことはなかったです。

自室の壊れかけのベッド(腰振るとギシギシうるさい例のアレです。この時はまだ、ベッドの横に布団は敷いてませんでしたw)で彼女とそういうこともしてたので、母を抱いた翌日に同じベッドで彼女を…ということもありました。

あの頃は母にやっと挿入出来たばかりで、四六時中、母とセックスしたくて、実際かなりの頻度で母に手を出しており、彼女とはまだ付き合ってはいましたが、猿のように求めていたころと比べると回数も減り、行為自体もなんというかおざなりになっていまして…。「自分の家でするの興奮する?」って彼女から聞かれるぐらいに、がっついてしまっていたようでした。そしてまた、彼女を抱いたそのベッドで母を…どちらかというとそちらへのスパイス的な意味合いで、彼女との我が家でのセックスに興奮していたように思います(最低)

現在、妻と母の初顔合わせ付近の思い出をTwitterでリライトしてるところなので、その流れで我が家に妻が泊まった時の話もあったはず(多分)
妻の話はまたそちらでー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
初カノ性の思ひ出挿入後の実家暮らし期母とのこと母子相姦の思い出達
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました