私達母子が完全に相姦してしまった、俗に言う最後の一線を超えた話2

1の続きですー。

絶対また拒まれるって思ったら「…そのままはダメ…」って、まさかの生ハメ拒みでした。
押し切って挿れる未来しか想像してなかった私はまた拒まれたと勘違いしてたんですが、母に「赤ちゃんできちゃうから」って言われてやっと理解。結局、母が父と昔使って余ってたコンドームを装着し事に及びました。

母にチ○コ挿れてるってだけでもうイきそうで。抱きしめられたからキスして舌入れたら応えてくれたんですが、これが母との初めてのまともなディープキスで…そんなんもう無理でしょ。一瞬で天昇しましたw

ゴム有りだったけど、初めて母の中で果てました。
そして早漏すぎた。でもやっと母とSEXできた。

あんなに我を忘れて喘ぐ母も初めて見たし、しかもその快感を生み出してるのが自分のチ○コっていう事実。母の少し大きめの乳首も尖っていて…そして極め付けのベロチューとか、経験の浅い私が耐えられるわけがない。私がこの世で一番興奮する女と初めてヤッたんだから仕方ない。

アダルトブログランキングへ

終わった後、「もうやめようね。ちゃんと好きな人としなきゃね…」って母に言われ、何を言ったらいいかわからず黙っていました。後悔と達成感が同時に湧き上がってきて、自分でも自分の気持ちがよくわかっていませんでした。

もうやめようね、と言った母との関係はこの日から20年近く続きました。

後悔と達成感がどうとか言ってますけど、この後「母さん、声出してたけどチ○コ気持ちよかったの?」って聞いたらすげー恥ずかしそうにしてて。それが妙にエロくてまたおっぱい触り出してしまいw「健ちゃん、さっきの話聞いてた?」とか言われつつ、2回目ヤッてますからね。後悔は?っていう…

母は私に彼女が出来たって知った時、盗られたくないって思ったそうです。突然の自分の感情に戸惑ったと言っていました。
そりゃそうですよね、散々私に「初めては好きな人としなさい」とか言ってたのに、いざ彼女とヤったら盗られたくないとか女めんどくせーって思いましたよw

私の娘にも彼氏はいますが、最初はそうか………みたいな複雑な感情だったけど悪い男でもなさそうだし、娘が選んだならって感じなんだけど…いや、複雑な部分がゼロというわけではないけど。そこら辺は母性とは違うんだろうなぁ…っていうか、母は私が手を出してしまったことが原因で妙な方向に行き始めたんだろうから何もない母性ともまた違うのかもしれませんね…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
拒まれ後期母とのこと母子相姦の思い出達
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました