母さんと初めてのラブホテルでもいつもどおり母子相姦に勤しんだ話1

初めてラブホに行ったの母かもしれないって思ったけど、筆下ろしの彼女と別れてしばらくしてからヤッてしまった時に行ったのが初でした。元カノとああいう感じになるのなんなんですかね…っていうか、私はあの人でいろいろ卒業しすぎだろw

私が車買ってからは母ともたまにラブホ行ってました。ラブホに行き出したのは、母が家でしてる時にすぐ「父さんが帰ってくるから…」とか「近所に声が聞こえるかも…」とか言って、いろいろ気が散ってる感じだったので(私はむしろそれも興奮してたんですがw)じゃあホテル行けばいいんじゃね?って私が強引に連れ出したのが始まりでした。

アダルトブログランキングへ

母はラブホ行っても母なので、最初は晩ごはんの話とかしてきてムードも何もないんだけど、キスして押し倒したらすっかり女の顔ですよw舌を差し込むと絡ませてきて、しばらくベロベロしてるとギュッとしがみついてくる…

「母さん、息子とこんなとこ来ていいの?」って聞くと、「良くはないけど…」と私から目を逸らしながら言う母に「じゃあ帰る?」って聞くと何も言わない。帰りたくはないらしいw

家では誰か来たらすぐ動けるように着衣ですることが多かったので、母の下着姿もじっくり見れるし、全部脱がせて身体の隅々まで堪能できるのでホテルはとても好きでしたね。

「濡れてるよ、ここ…」母の股に顔を近づけてアソコを広げ、状況を伝えると「健がいろんなところ舐めるから…」と母も自分が濡れてることは自覚してる様子。「恥ずかしいから…やめて…」顔を手で隠しながら言う母を無視してじっくり観察し、ねっとり舌を這わせて母のマ○コを思う存分味わいました。
クリに吸い付いたら、家では聞いたことないような激しい喘ぎ声を上げ出した母に、「どうしたの?吸われるの気持ちいい?」と聞いても何も答えない。そのままクリを吸いつつ穴に指入れて中を掻き回し続けると母は反り返りながらビクビクッと痙攣し何度目かの絶頂に達した。

2へ続く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
挿入後の実家暮らし期母とのこと母子相姦の思い出達
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました