母子相姦で母性を浴び続けたため童顔に仕上がったのか

本当にどうでもいいと思いますけど、私、童顔なんですよ。
年齢を言うと必ずドン引きされます。現在はマスクなので少しでも実年齢に近づけようと思って生やしている髭も隠れてしまい(本当は母が髭面クンニに悦んだから生やし始めたんだけどw)ますますひどくなっています。
女性は若く見えることで得はありそうですが、男は舐められるだけなので、正直コンプレックスでしかないのですが。

アダルトブログランキングへ

なんでいきなりこんな誰も興味なさそうな話を書き始めたのかと言いますと、私、童顔と母子相姦の因果関係を少し疑っているんですよね。なんでもかんでも母のせいにするなって言われそうですがwそれは自分でも思っています。

母子相姦に走った者に何か共通点はないものかとよく考えたりしているのですが、この説は私の中ではまあまあ有力なんですよね。

私がそう思うようになったのは、これまで、Twitterや新旧ブログで私と同じような経験のある方からご連絡いただくこともそれなりにありまして、そのご縁でいろいろお話させていただいてるのですが、学生の時分からお母様と関係を持っていた方の童顔率が異常に高いんですよね。私にご連絡くださった方々の割合なので、全体かどうかはわかりませんけど。

私は童顔すぎて今の妻と一緒にいても親子に間違われるという、“どこまで行っても母子相姦”ネタを経験者の方によく話すのですがwそれを言った際、「僕も童顔ですよ」「若く見られて困ってます」「子供の同級生と思われました」とか言ってくれる方が数人続いたので、これはもしや…と思い、その後は、若い頃からそういうご関係にあるとおっしゃる方にはこちらから童顔ですか?と伺ってみているのですが、高確率なんですよ。10人中7人ぐらい。これは因果関係があるのでは?と思ってしまいましたよね。私が勝手に一人で盛り上がっているだけなんですが。

母の産道に立ち戻り(立ち戻っているのは、主にチ◯コ)赤子の頃に吸い付いた乳房の先端を再度口に含み母に抱きしめられることによって、精神的に幼児化しそれが外見にも現れているのでしょうか。自分を作り出した女と交尾し、これ以上にないほど母性を全身に浴びることによって、自らが子供であることを強く意識し、幼く仕上がってしまったのでしょうか。

母親は、息子が何歳になっても可愛いものなんて言いますが、それはセックス中も例外ではなく、母は私の男の部分(主にチ◯コ)を求めていましたが、どちらかと言うとそういう場面でも(おっさんになってからも)可愛いと言われがちでしたし、だからなのかはわかりませんが、どことなくただよう坊や感と言いますか。ずっと母を意識しすぎているため、自然と子供のように振る舞ってしまうもので、それが童顔を作り出してしまっているのでしょうか。

…とか言ってる人は私以外には見たことないですし、科学的根拠があったりするわけではありませんので、あくまで私の妄想の域を出ない与太話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
母子相姦の思い出達独り言的な
母子相姦という禁忌に手を出した男の独白

コメント

タイトルとURLをコピーしました